編集部イチオシ

SPECIAL

花粉症にまけない食べ方・暮らし方

今年もやってきました花粉症の季節。できるかぎり快適に近づけるために暮らしの中でできることをまとめました。

特集一覧へ

FRIENDS

ヘルシーな毎日を大切にする“Friends”のアイデアや思いを発信

  • イラストレーター/こぐれひでこの「ごはん日記」

    744円 【メーカー再生品】 LUI'S ルイス タートルネック トレーナー グレー
    744円 【メーカー再生品】 LUI'S ルイス タートルネック トレーナー グレー
    Reviews: 4.6 - "1" by, に書かれています
    かなりの衣類が収納できますし、クリア窓付きなのでとても便利です
    3 - "2" by, に書かれています
    ベッドサイドの明かりとして使用しています。電池の持ちも大変良く、手元の一時的な灯りとして使うぶんにはいつ充電したか忘れるくらいの期間使えます。操作も単純でわかりやすい。2022年1月追記:大変便利に利用していましたが、息子(乳児)が投げ飛ばしたり舐め回したりした結果、壊れました。耐久性はそこまで高くないようですが、そもそも防水を謳った製品ではないので仕方がないでしょう。赤ちゃんがいるお家にはおすすめできない…という結論になるかもしれません。
    4 - "3" by, に書かれています
    アルミ鋳造用に購入丁度いい大きさで満足^^適切に使えば長持ちしそうです
    5 - "4" by, に書かれています
    現状メーンとして使用している真空ポンプは、中国のVALUE飛越からBBKテクノロジーへOEM供給されているBLUEシリーズのBB-240である。施工はプレハブ用冷凍機から家庭用ルームエアコンまで行うが、真空ポンプに関しては『大は小を兼ねる』という考えで最大公約数的な仕様の製品を導入し使用している。その運用に関して、真空ポンプ本来の性能に対しては特段不満と言う類の印象は無いのだが・・・①10kgを超える重量②AC電源の確保と撤収に伴う延長コードの取り回し。と言った所が、夏季繁忙期に家庭用ルームエアコンを連続して施工する際の作業性に少なからず悪い影響を及ぼしている事は事実である。10kgを超える製品重量は『ずっしり』重い。EV施設が設置されていない集合住宅等が施工場所となった様な状況では、ほぼ罰ゲームに等しい状態だ。真空ポンプの運搬だけに、階段を一往復する状況が生まれる事もあり、ここは単純に真空ポンプを軽量化するだけで作業性の改善が期待できる。AC電源に関しては。過去、現場での電源確保は100%可能であった。もちろん、直近にある。という様な状況ばかりでは無いが、そもそも施工する機器が電気を必要とする製品なので、延長コードや電工ドラムで対応すれば確保は可能である。また、AC電源が確保出来ない様であれば、発電機での対応も可能な体制であるが、真空ポンプの運転の為に発電機を用いる様な状況には遭遇せずに済んでいる。なので。充電式の真空ポンプを買い求めた理由について、『AC電源が確保出来ない状況』『電源が無くて困った』と言う経験は無いので、充電式を選択した理由には、その様な状況が改善される事は想定していない。専用回路の新設など、電気工事を伴う施工を複数員で手分けして行う場合、電気工事の進捗がエアコン本体工事側に影響しない。元電源を落としていても真空ポンプが使えるという点はメリットであるが、まぁこれも影響しない様に双方が手順を調整すれば良い事ではある。しかし繁忙期に限っては作業の迅速性が要求されるので、その様な時に作業の調整に配慮する必要が無い事は有利に働くと予想される。繁忙期に限定する。電源確保の為の、延長コードの準備と始末。という普段なら何でも無い事でさえ、実に面倒で無駄に思えて堪らない。AC電源は確保出来ても?それに付随する電源コードの取り回しが精神衛生的に良く無い。非常に煩わしい。AC電源が確保出来る環境下であったとしても?コードの取り回しが無いバッテリ稼働の方が、圧倒的にその辺の作業性は優位である。そして重量的にも軽量なら、運搬作業も楽になる。もちろん世の中に。この様な製品が存在しなければ?おそらく。その様な精神状態に陥る事も無いのだろうが、『アレが有れば、こんな事しなくて済む。』具体的な製品が頭に浮かぶ状況では、イライラは一層募るだけである。つまり。真空ポンプを使用する為に必然的に付随する作業が改善されることで、結果的に施工時間を短縮できる。という判断と価値観である。その為今回の機種選定では、軽量化のみならず充電タイプの真空ポンプから行った。もちろん。ではあっても?忘れてはならないのは、『ポンプの性能』である。バッテリ稼働でかつ軽量なのは良いが、本来の目的はあくまでもシステムの真空引きである。ポンプの性能が低く、そのトータル作業時間が現有するBB-240を使用した場合を超えてしまう様では、新規導入するに相応の価値は無いに等しい。現有するBBKのBB-240の性能は、私は60kHz帯に居住するので、113ℓ/分の排気量と15ミクロンの真空到達度となる。であるが、これも?『サービスポートが低圧側に一基だけ』と言う仕様のシステムの製品の前で、サービスポートのムシやチャージバルブ双方の構造上の抵抗に着目すると?はたして、そのポンプの性能通り。毎分113リットルの速度で引けるのかは疑問で、システム構造の最大流量を超えた性能のポンプを使用している。という可能性も否定出来ない。高排気量のポンプを使いさえすれば常に真空引き作業は早く終わると考えるのは早計である。となると?その様な条件下でBB-240の10.kgの重量は、その作業性という価値観で製品重量を評価した場合。肯定できる合理性を失いむしろデメリットという側面が浮き出てくる。で、あるならば?ポンプ側のパフォーマンスの過剰分を、その製品重量と相殺する形でより軽量な真空ポンプを使った方が作業者のストレスは少なく、負担が軽くなる事で作業性が改善がされ、結果的に生産性が向上する効果が期待出来ると推察される。私の場合、所有運用している充電工具のメーカーはマキタ、パナソニック、ハイコーキの3社体制である。そしてマキタ、パナソニックの双方に真空ポンプがラインナップされている。アサダから供給を受けるマキタがVP180D。タスコから供給を受けるパナソニックがEZ46A3。マキタにOEM供給するアサダの1.5CFMはマキタのバッテリシステム。パナソニックにOEM供給するタスコTA150ZPはパナソニックのバッテリシステムで駆動する。タスコにはTA150MR-1と言う充電式真空ポンプも有るが、こちらのバッテリシステムは本体を見た事が無いので私には分からない。マキタVP180Dの場合。排気量は50ℓ/分、真空到達度は20pa(150ミクロン)。6AhのBL-1860Bを装着し、オイルを100ml入れた重量が3.66kg(実測、カタログ値は3.5kg)。連続運転時間は18Vバッテリで10分/Ah(6Ahなら60分)となっている。パナソニックのEZ46A3は。18V5.0Ahバッテリ装着時の重量が3.6kg(カタログ値)。排気量25.8ℓ/分、真空到達度18pa(135ミクロン 、1pa=7.5ミクロン)連続運転時間は18V5AhのEZ9L54装着時で120分。真空ポンプの能力は、到達圧力と排気速度で決まり、真空対象機器の容量の2~3倍程度の排気量(L/min)の真空ポンプを選定するのが目安とされる。パナソニックは排気量を意図的に落とし、連続運転時間を長くしている。これは排気量の大小は、真空の引き始めこそ差として現れ大きい事の有益性に意味が有るが、真空乾燥にはある程度の時間排気を続ける必要があり、排気が進むに連れ排気量のスペック差による有益性は小さくなる。つまりゲージ圧が-0.1Mpa付近値になるまでは、排気量の違いは到達時間に現れるが、-0.1Mpa付近値になってしまえば、ポンプが50ℓ引こうが25ℓ引こうが実際に排気出来る量に大差は無く、-0.1Mpa付近値到達後はポンプの排気量の差が、真空引き時間の短縮に関係する直接的要因になるとは考え難い。そして真空ポンプの運転時間とは、-0.1Mpa付近値を示してからと考えるのが一般的で、真空ポンプの運転時間時間は、-0.1Mpa付近値を示すまでより示してからの方が長い。ポンプの性能に対して適切な範囲の機器に使用する限りにおいては、排気量より運転時間を確保した方が運転時間を危惧するリスクを避けられ、結果としてバッテリタイプのメリットがより生かされる。という考えによると個人的には推察している。私の場合。①どうせなら、ニブヨンブ配管の機種まで対応して欲しい。②繁忙期には、それが30秒でも-0.1Mpaに到達するのが早い方がいい。③バッテリ1パック当たりパナソニックはマキタの倍稼働するが、連続運転時間はユーザー側のバッテリ管理で解決可能で、仕様により決定されるような絶対的な製品特性ではない。という判断で、マキタのVP-180Dを選択した。細かい仕様の違いは有るが、ポンプ性能に差は無いのでOEM元のアサダ1.5CFMを選んでも良かった所だが、以下の理由でマキタ版を選択。①販売価格マキタVP-180Dがアサダ1.5CFMより2,000円ほど安価で入手可能だった。②外観デザインまぁこれは『好み』の問題なので、教条的に申し述べる様な事は避けるが、これが一番の要因で有る事は明言させて頂く。アサダ1.5CFMはオイルの排出方向が下向き。など細かい仕様の違いがあるが、どれも私の価値観では魅力的な仕様とは判断出来なかった。連続運転時間、排気量、真空到達度、オイル量などのポンプとしての性能や製品の容積と重量には差はない。マキタVP180Dには装備され無いガスバラストバルブを備えていれば、アサダ1.5CFMやパナソニックEZ46A3を選択したかもしれないが、このオイル容量なら交換サイクルを伸ばしてもあまり意味は無いかも知れない。真空ポンプに良く見るアルミケースは使わない派である。特にVP180Dの様な軽量コンパクトなポンプでは、アルミケースによって物理的な利点が完全に失なわれてしまう。と考えている。私の場合、アックスブレーンのAXD-CB42に。VP180D、テスター、インパクトドライバ、水平器、シングルマニホールドとホース、チャージバルブ、トルクレンチ等、施工に必要な工具類と部材類一式を一つの工具バッグに収めている。応用の効かないアルミケースで持ち運ぶと、荷物を減らせずVP180Dに買い替えた事のメリットを損なっている。本機はガスバラストバルブを備えないので、移設など旧機器(旧配管を再利用する場合などは特に)を真空引きする場合、真空ポンプオイルへの不純物の混入による劣化が顕著となるので、オイルの状態には注意が必要となる。オイルの劣化はポンプの寿命に悪影響を及ぼし、それは小型で高回転なポンプほど顕著である。ポンプに不調が生じた事による以後の作業に及ぼす影響を思えば。使用するオイルの量と価格から、オイル交換のコストは極めて低いので、必要ならその都度交換する方が賢明で、メーカーもそれを推奨する。当方の場合、その様な状況下では基本的にガスバラストバルブを備えたBB-240で対応する事とし、VP-180Dは新規配管を用いた新品のルームエアコンなどのシングルポート機種に限定した形での運用を行っている。参考までにマキタの推奨するオイル交換は20時間毎(一台当たり15分運転した場合80台)となっており、私の使用環境であると繁忙期でも二週間程度は使用可能なので、交換の手間やコストは低いと判断出来る。また同程度の能力の冷却ファンを持たないAC機器では経験しているが、冷却ファンの装備が無いので、外気温などの条件によっては連続運転時に過熱による機器の停止も起こると想定される。過熱停止はリチウムイオン電池の場合、電池パックに致命的ダメージを与える事態にもなり兼ねないので、極力避けるべきリスクである。(そうなる前に停止する仕様では有るが)この辺は50ℓ/毎分の高排気量スペックとのジレンマを感じる。高排気量なので比較的性能の高い機器にも対応出来そうだが、その場合必然的に長い運転時間が要求されるので、過熱による機器停止のリスクも高くなる事を否定出来ない。つまり、排気量の差から?パナソニックのポンプはマキタに劣る。とするのは、工業製品としての評価としては客観性が高い見方である。しかし、その製品が道具として扱われた時の実性能は、工業製品としての優劣以前に、ユーザーの使用環境への適合性や個々の主観による判断が優先されるのが一般的で重要な要素である。添付画像解説一枚目製品重量の実測は3,660g、カタログ値に収まったマキタ製品を手にした事は未だ無い。二枚目試験運転時のゲージ圧は-0.099Mpa、この条件での水の蒸発温度は約20度。
    5 - "5" by, に書かれています
    思った通りの使用感だった
    4 - "6" by, に書かれています
    ソーラーパネル裏にニッケル水素電池5本を内蔵しており、バッテリー非搭載のポンプに比べ動いている時間がある長い様に感じます。使い始めは日没後3時間位まで動いて居ましたが、今は日光が無いと直ぐに止まってしまいます。それでもバッテリー非搭載のポンプが流れ雲で太陽が隠れて止まってしまう様な状況でも動き続けています。意外だったのはこの手の製品としては取扱説明書が日本語で書いてある物が付属していた事です。説明書は分かりやすいと思います。耐久性、耐水性はまだ使い始めて時間が経っていないので追って追記したいと思います。
    3 - "7" by, に書かれています
    薬飲み忘れ防止のため、キッチンの見える場所に朝昼夜分のお薬を挟み吊るして置いています。
    5 - "8" by, に書かれています
    足腰がおぼつかなくなった親のため、着替え時に一時的に腰掛けるために購入。他サイトで購入するよりも同じ商品が安価でとても助かりました。組み立ても難しいことはなく、しっかりしています。座りごこちも、手すりもちょうどよい感じです。ただ、足についている4か所のねじ式の、高さ調整をするための部品ですが、溝をつけて滑り止めにしているようですが、プラスチックのため、フローリングの上ではつるつる滑ってしまい、立ち上がりに危険でした。最初は椅子の下にマット用の滑り止めシートを敷いて使用していましたが、いちいち敷くのも面倒なので、4か所のプラスチック部分にゴムのシートを切ってボンドで貼っています。今のところはよいようですが、その4か所の接地面がとても小さいので、今後もゴムが外れることなくうまくいくかなと、少し心配はしています。それ以外はとてもよかったです。
    4 - "9" by, に書かれています
    アイリスの家庭用シュレッダーをこれまで2台使ってきたが、徐々に壊れて結局家電ゴミになった。いったいどういう使用状況を想定して設計しているのか不思議でならない。1台目が保証期間内だったので修理を依頼したら、当初は使用方法を悪いとの回答。ヤマダでぶち切れてやったらしぶしぶ交換に応じた。しかし買って1年も経過しないのに現品は既に製造終了で在庫も払底しているので、別の上級グレードにしてやるからありがたく使えと、ダサいデザインのが届いた。こちらはさすがに上級機、酷使しなかったせいもあるが1年少し持ったが、CD粉砕中に異音を発生。めっきり能力が落ちたものの、変な音をさせつつ、加熱停止するのをだましだまし2年使ったが、さすがに限界。時給換算してポンコツシュレッダーに付き合うよりも、業務用を買うしか!と、こちらの製品の購入に踏み切った。さすがに業務用、さくさく切れるし、自動裁断はとっても便利。デザインもまぁまぁいい。熱停止もするにはするが、まあ規定裁断時間はちゃんと動く。しかしコイツもCD粉砕中に異音を発するようになってきた。購入してまだ3ヵ月足らず、CDだって合計30枚くらいしか処理していない。早くね?延長保証を付けているので、とりあえずもう少し様子をみてみよう。
    3 - "10" by, に書かれています
    低学年のパープル好きな女の子にはおすすめ
    5 - "11" by, に書かれています
    マグネット無しの手帳型を探していると選択肢がとても少ない。ストラップ穴はないので自分で開けるしかない。手触りが良くカード収納部のデザインもおしゃれ。ただ、このシリーズは使っているうちにゴム状の縁止めが擦れて剥けてきて傷みやすい。
    5 - "12" by, に書かれています
    今まで芯の取り換えのラベルロールを使用した事がなかった為圃場に満足致しました。
    5 -

    こぐれひでこ

  • フードディレクター

    川上ミホ

  • モデル/イラストレーター

    AVI

  • ヨガインストラクター

    つぐみ

  • モデル/ヨガインストラクター

    野沢和香

  • スーパーフードマイスター

    Lily